<< ありがとう2月♪ | main |

ライブ♪

 

 

 

 

みなさん

 

こんばんは^^

 

 

3月も前半が終わって、桜の開花も始まりますね^^

 

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

先日3月10日は、毎年この時期にやらせていただいています

 

東日本大震災の募金活動を新宿で行いました。

 

そちらへお越しくださったみなさま、

 

本当にありがとうございました。

 

そして、募金をお送りくださった方もいらっしゃり

 

お気持ちに心から感謝しています。

 

 

 

今回ご協力いただきました総額137,971円は

 

日本赤十字社を通して被災地へお送りさせていただきました。

 

 

あれから8年。

 

1万8千人以上の尊い命が犠牲になり、

 

未だに多くの方々が大変な思いで過ごされています。

 

 

一人残らず平和な生活を送っていただける日がくることを

 

心から願い、これからも想いを届けてゆけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

昨年9月17日に一度だけ立たせていただいたステージ。

 

その時の模様が少しですが、3月18日24時〜オンエアの

 

TVK「ミュートマ2」にて流れることになりました^^

http://www.tvk-yokohama.com/mutoma2/

 

3チャンネルです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただける地域のみなさま、

 

よかったらぜひご覧くださいね^^

 

 

 

 

 

それでは、またここでお会いしましょうね^^☆彡

 

 

純子

 

 

 

 

 

 

 

 

kawadajunko * - * 22:00 * comments(3) * - * pookmark

コメント

純子さん こんばんは。。

いよいよ桜も開花寸前ですね。
桜が咲く=春!という季節の印象なので、
桜の開花が待ち遠しいです(^^)

東日本大震災の義援募金活動、毎年お疲れ様です。
継続する事が私達に出来る事だと思っていますので、
純子さんの活動には本当に尊敬しています。

そしてミュートマ2、観させていただきました!
あの時の感動が蘇ってきて、ほっこりしました(笑

やっぱり純子さんのライブは、空間にいる全ての人を
幸せにすると言うか。。

また逢いたい!と思わせてくれる素敵なライブでした♪

もうすぐやってくる暖かで穏やかな春、純子さんも楽しんで下さい!



Comment by けん @ 2019/03/24 10:35 PM
純子さん、こんばんは。5月から、「令和」になりますね。待ちに待ったわりには以外と地味な命名でしたね。漢字もパッとしないし、どうせなら「麗和」の方が素敵だと思うけど、有識者が万葉集から引用したわりには、今ひとつ・・かな。まあ令和のことはさておいて、今年も3・11から丸8年とゆう歳月が経ったのですね。世間ではだいぶ風化してしまった感がありますが、いつか被害の大きかった石巻市に訪れようと思います。日本海の秋田とは反対側ですが、この街で幼稚園の送迎バスに乗っていて津波に遇い、亡くなった園児たちがいます。なかには小学校入学目前だった子供たちもいます。あれから8年、元気だったらこの春、中学3年生です。親御さんの無念を思うと言葉がありません。追伸、東京は今、桜が満開ですね。このところ、寒が戻ってきてるのでまだまだ持ちそうな感じです。余談ですが、私、2月からマンドリンを始めました。弦楽器は初めてなのでとても楽しいです。まだまだ「もの」にはなりませんが、続けていこうと思います。純子さんはピアノはお出来になれますが、弦楽器はいかがですか??始めてみると楽しいですよ。
Comment by ゆりりん @ 2019/04/02 12:18 AM
お久しぶりです。純ちゃん相変わらず綺麗ですね。
今回のターニングカフェは船橋屋の社長の渡辺さんは好感のもてる人ですね。
渡辺さんは、元銀行員ですので会社経営のプロですね。
船橋屋のくず餅は名古屋在住の僕には馴染みがないので今度、上京したら食べてみたいと思っています。
乳酸菌は肌に良いと今回、初めて知りました。
僕は何時もターニングカフェは動画で観ているのでコメントするのが遅くなりすいませんでした。次回の放送は令和元年の初めての放送ですね。
次回の放送愉しみにしています。

Comment by さかいまさき @ 2019/04/12 6:30 PM
コメントする









このページの先頭へ